スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカルがアルバムの不買運動を扇動

人気アーティストの宇多田ヒカルが、自身のアルバムの不買をファンに勧めるという、めずらしい行動に出てファンや関係者をびっくりさせています。

問題のアルバムは、11月24日にユニバーサル・ジャパンから発売された宇多田ヒカルのベスト盤「Utada the best」で、このアルバムに対して、宇多田ヒカルは「予約を考えている人は、少し待ってください」とTwitterでコメントし、あっという間にネット上の話題となりました。

このベストアルバムは、米アイランド・デフ・ジャムからリリースされた「エキソドス」「ディス・イズ・ザ・ワン」などのアルバムから選んだ楽曲に加え、「カム・バック・トゥ・ミー」「ダーティー・デザイア」などのリミックスを収録したUtada(海外での活動名義)のベストアルバムです。しかし、宇多田ヒカルはこのアルバムの発売について、「私の意志とは全く無関係であり、EMIの宇多田ヒカルのベストと同日に発売をぶつけてきた彼らのやり方にもあまりいい印象を持てません」とコメントしています。さらに、「正直なところ、ファンにお金を出させたくない、全く心のこもっていないモノです」と、ユニバーサルジャパンを痛烈に非難するコメントも発しています。一方、EMIから発売されるシングルコレクションについては「宇多田ヒカルのお墨付きの力作」と自身のブログでも紹介しているようです。

自分の望まない形で、心のこもっていないアルバムを発売され、ファンに余計なお金を使わせたくないという宇多田ヒカルの心意気はあっぱれですが、どうやら、EMI盤の発売日にユニバーサル・ジャパンが発売日をぶつけてきたのが宇多田ヒカルにとっては面白くなかったようです。
EMIで売れた方が儲かるのでしょう。

宇多田はユニバーサル・ジャパンと発売日の変更や中身の再考などを話し合ったようですが、「今のところ、どうにもなりません」とコメントしています。ユニバーサル側も「契約に問題はない」として予定どおり発売したようです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

シネマトゥデイニュースURL

ライブドアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


出版実現セミナー

商業出版 ブランディング

企画意図 書き方

コンサル出版
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Linus

Author:Linus
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。