スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画が牽引する鉄道ブーム

現在上映中の鉄道映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が大変な反響を呼んでいるようです。最初は鉄道ファンを中心とした静かな人気だったようですが、今では新しい鉄道ファンを生み出すほどの影響力を放っています。

この映画の主役を演じているのは俳優の中井貴一(48)。
今月19日には、「撮り鉄(鉄道写真を撮影することに情熱を燃やす鉄道ファン)」として知られる前原誠司国交相を表敬訪問して一躍話題となりました。

この映画が注目されている背景にはもちろん、鉄道ブームがあります。古くから一定数が存在していた鉄道ファンですが、最近のブームに乗って鉄道ファンが急増、撮影マナーや見学マナーを知らない新しいファン層が、さまざまな場面でトラブルを起こしていると指摘されています。

今回上映されている「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」も、鉄道ファンの増加に一役買っていると言われていますが、それよりも、従来の鉄道ファンの心を熱くさせる内容が最大のポイントだと言われています。
日蔭の存在だった「鉄道オタク」がこの映画を見ることによって、堂々と「鉄道ファン」を名乗れるようになったのではないでしょうか。

出世街道を驀進してきたエリート社員が、一転してローカル線の運転士になる、という極端なストーリー展開は、廃線すれすれの実在するローカル線が舞台ということもあって鉄道ファンにはたまらないシチュエーションだそうです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

シネマトゥデイニュースURL

ライブドアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


会計士 出版

ネットビジネス

出版企画書

起業家 出版

商業出版デビュー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Linus

Author:Linus
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。