スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙トラブルについて

東京都議選で、なんと、お父さんが、息子の投票権を使ったというトラブルが起きました。父親は書類送検された模様ですが…。
今月12日に投開票が行われた東京都議選。自民敗北、民主勝利で終わった選挙ですが、世田谷区選挙区で公職選挙法違反の詐偽投票として自由業の男性が書類送検されました。
なにが原因だったのでしょうか。

この男性は、息子の投票所入場券を使って2人分の投票をしたのです。理由を聞くと、

「息子は投票に行かないので、もったいないと思った」

どこに投票したか、についても語っており、

「石原慎太郎都知事のファンだったが、新銀行東京の(不正融資事件や経営再建)問題や築地市場の移転問題などでイヤになった。民主党候補に入れた」

男性が自分の投票所入場券を出して、最初の投票を行いました。そして、再び投票所に現れて、今度は息子の投票所入場券を差し出したのです。
ピンク色のシャツという目立つ服装の上、職員が男性の顔を覚えていたことから

「すいません。さきほど来ませんでしたか」と声を掛けたところ、男性は「2回投票した」
と認めたため、すぐに警視庁に通報されました。

ピンク色のシャツとわざわざ目立つ服装をしていたことから、本当にもったいないと思って投票に来たようです。悪意がないのはわかりますが、もうすこし選挙について勉強したほうがよかったですね。

男性が投じた2票ですが、両方とも有効票として扱われたということです。区の選挙管理によりますと、

「今回の男性の詐偽投票分は、本来は『潜在無効』です。しかし、本人が『Aさんに投票』と話しても実際にはBさんに投票していたかもしれません。どの票が有効で、どの票が無効なのかを特定することができないため、今回は有効票として数えました」。

たかが1票、されど1票です。
8月30日の衆院選では、このようなことがないように気をつけてほしいものです。
その衆院選ですが、アンケートでおもしろい結果が出ました。
政治や選挙情報としてどの情報を信じるか、という質問に対して、ネットが約40%で1位になったのです。2位は「新聞」の26%、3位は「テレビ」の16%という結果でした。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000528-san-pol


----------PR----------

会計事務所 経理 浦安市

決算 作成 浦安市

相続税 手続き 市川市

独立起業 助成金 浦安市

整骨院 経営相談 浦安市
スポンサーサイト
プロフィール

Linus

Author:Linus
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。