スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイスブックが新機能をさっそく中止に

世界中で5億人以上のユーザー数を誇るフェイスブックですが、日本でも着々とユーザー数を伸ばし、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いで日本中に広まっています。
つい先日も、サードパーティーのアプリがユーザーの住所と携帯電話番号を入手できる機能を実装させ、さらなる躍進が見込まれると思っていましたが、一転してこの新機能が停止処置を取られることになり、びっくりしています。

この中止はユーザーからの要望を受けて決定したそうで、悪質なアプリがこの機能を悪用する危険性を指摘され、フェイスブック側がこれに納得した形で決定したそうです。

新機能のリリースに対してユーザーの不満が爆発、あわてて運営側が機能を引っ込める、という流れは、最近のミクシィで嫌というほど話題になりましたが、まさかFacebookでもこんな事件が起きるとは驚きです。

今回、14日に提供スタートとなった新機能ですが、翌日からユーザーからの要望が多数寄せられたといいます。一時中断となったものの、Facebookはこの要望を検討し、数週間以内に改良版を公開すると発表しました。それまでの間に一時的に停止する、という措置だそうですが、ミクシィの場合は運営の思惑に対して辛辣な批判がネット上で展開されました。

つい先日、Facebookが誕生した裏側を描いたデビッド・フィンチャー監督の「ソーシャルネットワーク」が公開されたばかりですが、映画の評判は上々だと言います。この影響で今後はさらにユーザー数が増えそうなフェイスブックですが、はたしてFacebookの新機能はユーザーに受け入れられるのかどうか、改めての発表がとても楽しみです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

ITメディアニュースURL

日経ビジネスオンラインニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


取材 出版

考える コツ

採用される出版企画書

ブログ 書籍化

編集プロダクション 東京
スポンサーサイト

ラッセル・クロウが来日して主演映画をPR

12月10日より全国公開される映画「ロビン・フッド」のジャパンプレミアが開催され、主演のラッセル・クロウも来日して会場は大いに盛り上がりました。

TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催された「ロビン・フッド」のジャパンプレミアでは、主演のラッセル・クロウとケヴィン・デュランドがレッドカーペットセレモニーに登場し、同時にクリスマスライトアップの点灯式も行われました。

映画「ロビン・フッド」のジャパンプレミア会場には、タレントの相田翔子、プロボクサーの内藤大助、F1ドライバーの小林可夢偉、SDN48も登場し、集まったファンは歓声を上げていました。とくに、SND48のメンバーたちは当日のプレミア上映への期待について質問された時、「ラッセル・クロウさんの肉体美が楽しみ!」とコメントし、会場を沸かせています。

この日の主役だったラッセル・クロウは、レッドカーペットでのインタビューで東京でのお買い物を尋ねられ、「子どもたちへのおもちゃのお土産と、妻には茶器を買いました」と答えていました。暴力事件をたびたび起こし、暴れん坊として知られているラッセル・クロウですが、今回の来日は今のところ、機嫌を損ねたことはない様子です。

映画「ロビン・フッド」について、ラッセル・クロウは「4年もかけて作った作品なので、プロモーションツアーも終わってしまうと思うと一抹の寂しさがあります」と心境を告白しています。プロモーションツアーは今回のジャパンプレミアが最後だったこともあり、何度も寂しさを口に出していました。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

シネマトゥデイニュースURL

ライブドアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


裏家電 裏技 24時間録画 iPhoneでTV・DVD・Blu-rayを見る 衛星ハッキング 赤外線リモコンirMagicanの製作 HDMIキャプチャカード

iPod nano iTunes 使い方 作成方法 脱獄の方法 裏テク 裏技

仕事の生産性向上 iPhone 裏技 役立つ 裏テク 使いこなす


借金返済 ノンリコース制度 サービサー 債務 自然債権化 法的整理


ネット副業 鉄道 マニア ファン 稼ぐ 趣味 儲かる ビジネス 起業

iTunesライブラリ Genius ストリーミング再生 ホットキー 活用 役立つ 裏技 裏テク

ヤマトの実写映画、公開迫る

人気アニメの実写映画化が流行している昨今ですが、12月1日から公開スタートとなる映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』もファンの大きな期待を集める話題の作品となっています。上映前のいろいろなパブリシティも盛んで、TBSの赤坂サカスでは、巨大なヤマトのオブジェが登場することになり、ファンの期待をさらにあおっています。

巨大なヤマトのオブジェは、11月20日から12月4日までTBSの赤坂サカスで展示される予定で、全長15メートルの巨大なヤマトが展示されます。さらに、映画に関連する、さまざまな展示も併せて行われ、「ヤマト・サカス」として人気を呼びそうです。

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の劇中では、フルCGで作られた「宇宙戦艦ヤマト」が活躍しますが、この展示では全長15メートルの大きさで再現されています。さらに、展示されるヤマトは波動砲を発射できるそうで、展示期間中は「波動砲レーザー・ショー」も行われる予定といいます。

原作である「宇宙戦艦ヤマト」は、1974年の放送当時から現在まで、人気が途切れることなく愛され続けている国民的アニメの金字塔として有名で、映像や楽曲などが様々なコンテンツで今も使用されています。今回の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』も豪華なスタッフと出演者を揃え、万全の態勢で12月1日から上映されます。

主役の古代進は木村拓哉、森雪は黒木メイサと、当代の人気俳優を起用したキャストの演技ぶりも必見で、赤坂サカスのヤマトを見れば、さらに期待感をあおられることは間違いなさそうです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

シネマトゥデイニュースURL

ライブドアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


ロングセラー作家

出版企画セミナー

FX 出版

出版企画書の書き方

故黒沢監督の幻の脚本とは

世界中のクリエイターたちに大きな影響を与えた日本の黒澤明監督(1910~98年)ですが、このたび、黒沢監督が生前に手がけた映画やラジオの脚本3本が発見されました。いずれも初期のころの作品で、映画「棺桶丸の人々」「明日を創る人々」、ラジオドラマ「陽気な工場」の準備稿や本稿など、クロサワ作品の系譜上、重要なものばかりと言われています。

「棺桶丸の人々」のあらすじは、輸送船を故意に沈めようとする船会社の策略を、志村喬が演じる船長と三船敏郎が演じる航海士たちが乗り切ろうとする海洋アクション映画で大映が「棺桶丸の船長」の題名で映画化し、昭和26年に公開される予定の作品でした。しかし、同年公開された黒澤監督の「白痴」の興行成績が悪く、製作が中止されたといういわくつきの作品です。

「棺桶丸の人々」の原稿は、黒澤監督のアイデアを脚本家の橋本忍さんが執筆したもので、兵庫県市川町にある橋本忍記念館に保管されていました。

「明日を創る人々」は、黒沢監督と山本嘉次郎監督らとの共同作品だったようで、とある個人が所蔵していた撮影の台本です。映画会社に労働組合を作る、というストーリーで、東宝争議時の21年に、東宝の労組が自主製作したというこれも非常にユニークな作品です。

実はこの作品はフィルムが現存しているのですが、生前の黒澤監督は、この作品を自作と認めていなかったそうで、これもまたいわくのついた作品と言えます。

「陽気な工場」は、黒沢監督が助監督時代に書いたNHKのラジオドラマで、早稲田大学演劇博物館が所蔵していた合本の一冊として発見されたそうです。工場のブラスバンド部の成長物語で、17年8月に放送されていますが、この作品はのちの作品『一番美しく』の原型であると、早稲田大学の浜野教授は分析しています。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

シネマトゥデイニュースURL

ライブドアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


本の出版 方法

出版社 持ち込み

目次 構成

起業家 出版プロデュース

宇多田ヒカルがアルバムの不買運動を扇動

人気アーティストの宇多田ヒカルが、自身のアルバムの不買をファンに勧めるという、めずらしい行動に出てファンや関係者をびっくりさせています。

問題のアルバムは、11月24日にユニバーサル・ジャパンから発売された宇多田ヒカルのベスト盤「Utada the best」で、このアルバムに対して、宇多田ヒカルは「予約を考えている人は、少し待ってください」とTwitterでコメントし、あっという間にネット上の話題となりました。

このベストアルバムは、米アイランド・デフ・ジャムからリリースされた「エキソドス」「ディス・イズ・ザ・ワン」などのアルバムから選んだ楽曲に加え、「カム・バック・トゥ・ミー」「ダーティー・デザイア」などのリミックスを収録したUtada(海外での活動名義)のベストアルバムです。しかし、宇多田ヒカルはこのアルバムの発売について、「私の意志とは全く無関係であり、EMIの宇多田ヒカルのベストと同日に発売をぶつけてきた彼らのやり方にもあまりいい印象を持てません」とコメントしています。さらに、「正直なところ、ファンにお金を出させたくない、全く心のこもっていないモノです」と、ユニバーサルジャパンを痛烈に非難するコメントも発しています。一方、EMIから発売されるシングルコレクションについては「宇多田ヒカルのお墨付きの力作」と自身のブログでも紹介しているようです。

自分の望まない形で、心のこもっていないアルバムを発売され、ファンに余計なお金を使わせたくないという宇多田ヒカルの心意気はあっぱれですが、どうやら、EMI盤の発売日にユニバーサル・ジャパンが発売日をぶつけてきたのが宇多田ヒカルにとっては面白くなかったようです。
EMIで売れた方が儲かるのでしょう。

宇多田はユニバーサル・ジャパンと発売日の変更や中身の再考などを話し合ったようですが、「今のところ、どうにもなりません」とコメントしています。ユニバーサル側も「契約に問題はない」として予定どおり発売したようです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

シネマトゥデイニュースURL

ライブドアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


出版実現セミナー

商業出版 ブランディング

企画意図 書き方

コンサル出版
プロフィール

Linus

Author:Linus
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。